40代で転職するためには資格が必要?
それとも他に考慮する点があるのか?

40代で転職を有利にするために、資格を取得したほうがよいと考える人がいます。確かにある種の仕事に関しては資格保持者にしか行うことができませんし、履歴書にたくさんの資格を有していることが書かれていれば、面接官を驚かせることができるかもしれません。しかし資格の有無が特に述べられていないような求人に応募する場合、無理に資格取得に励む必要はないかもしれません。まず資格取得にはお金が必要です。また勉強や試験のために多くの時間を費やす必要があります。そのようにしてせっかく資格を取得しても、それが新たな職場で活かされなければ意味がないのです。

 

資格取得に多くの時間を当てる代わりに、今勤めている会社で業績を上げることに勤めるほうが転職に有利なこともあります。企業の中には資格の種類や数よりも、前職場でどのようなことを行い、どれほどの実績を残してきたかに注目するところがあります。このようなことを考慮し、転職前に少しでも業績を上げることに努めことができます。

 

しかし自分が転職したいと感じている企業が資格保持を必須条件として求めている場合、資格を取得する必要があります。それでも転職希望者が何人かおり、自分以外の希望者がすでに資格を得て何年も仕事を行っている場合は転職が難しくなることがあります。当然のことながら面接官の注意はそれら経験のある人に向くわけですから、資格を有しているものの経験の浅い人に対しては、即戦力となることが難しいと判断されてしまうことがあるのです。そのため資格保持者のみが対象の求人に応募するときは、状況をよく考慮しなければなりません。

 

40代の転職は面接が難関!
面接で問われる重要ポイントは2つ!

転職は最終的に面接が難関となります。とても魅力的な求人を見つけて応募しても、面接で良い結果を残すことが出来なければ仕事が決まりません。面接の予定を組んだら、当日に向けてしっかりと準備をしておいて下さい。面接では様々なポイントを考慮されますが、重要なのは2つです。1つは40代としての実力があるかどうかです。これは経歴や資格などから判断されることになりますし、面接でのコミュニケーションで様々な質問をされることになり、考え方をしっかりと見られることを覚えておいて下さい。

 

高学歴を持っており様々な資格を取得している人は面接で有利ですが、説得力のある考え方を持っていなければ採用されないことも多いです。履歴書や職務経歴書で志望動機を書く時にしっかりと自分の考えをまとめておきましょう。逆に表現すると、学歴や資格が乏しくても魅力的な考え方やスタンスを持っていると、それだけでも採用を狙うことは十分に可能です。面接は限られた時間なので、その時間でいかに自分の良さを伝えられるのかが勝負どころとなります。2つ目のポイントは信用できる人物かどうかです。良くある失敗として、最近は様々なSNSを使う場面が多く、応募者のことをSNSからリサーチする企業もあります。自分の日頃の生活などから、信頼性を判断されることがあるので注意しておきましょう。面接までに服装や髪型などを整えて、少しでも信頼性をアピールできるように準備しておいて下さい。

40代で転職をする場合は新卒以上に日常生活も気をつけなくてはいけません

日本が新卒が最も就職活動で有利だといわれているのには理由があります。それは単純に経歴が汚れていないという所からです。転職で重要視される項目の1つが何故前職を退職したのか、もしくわしようと思っているのかという所です。基本的に転職をするという事は今の職場に何らかの不満があって転職をするのが普通ですが、その不満の内容によってはすぐにそうやって不平不満を感じるタイプなのかなと思われてしまい内定を貰う上で不利に働く事が考えられます。その為転職をする際には前職の退職理由を綺麗な理由で答えられないといけないのです。40代ならなおさらなんでその年で転職?と思われます。その点新卒の場合は基本的に初めての就職という事で過去の経歴が汚れていないのです。そういったハンデが中途採用の転職には存在するのです。そしてそれ以外にも転職ではハンデが存在します。

 

それが調査会社です。これは求人を出している会社がこの人は何か問題を起こしてこなかったか等を調べる為に調査会社に調査をお願いするのです。その為過去に会社と揉めて退職してしまったり、無断でバックレてしまったりした場合は非常に注意が必要です。その調査会社によって何を調べるかは様々ですし、会社によって何をお願いしているのかも分からないので、日常生活には本当に気をつけておかないといけません。

 

健康面も同様です。もし過去に何か病気をした事がある場合は調査会社に調査をお願いしている所ではバレてしまう可能性もあります。それ以前にある程度の会社になると入社前に健康診断を行う為健康面で不安な場合は入社が厳しくなると思っておいた方が良いという事になります。転職では新卒時に必要無かった職務経歴書等も必要となり、手間と時間がとにかくかかります。その為失敗しない為にもしっかりと調べた上で転職をする事が理想といえます。

 

虚偽の資格を記載してもよい?採用されたもん勝ち!?

転職活動で必要な書類は履歴書と職務経歴書です。履歴書だけで応募可能な求人情報もたくさんありますが、基本的に雇用形態に関係なく職務経歴書を準備しておく方が採用されやすくなることは間違いありません。転職書類は単に自分の情報を書けば良いのではなく、魅力を感じる人物と思われるような内容にしなければ意味がありません。学歴や資格、経歴などが重要視されますが、今までの自分の歴史によってある程度応募できる求人が決まってきます。求人へ応募する時は応募要項と必要書類を確認しておき、しっかりと条件を満たしている必要があります。なかなか魅力的な内容で転職書類を仕上げることが出来ないなら、嘘をつきましょう。どんな項目でも嘘をついて良いわけではありません。例えば、氏名や経歴、資格などは絶対に嘘を受けません。これは嘘をついてもバレてしまいます。嘘をついても良いのは、考えに関する項目です。これは志望動機や自己PRとなります。他にも退職理由などもあります。こうした内容は何が真実なのかを判断する術がないので、基本的に印象の良い内容を仕上げたい時は嘘をついても構わない部分です。むしろ、嘘をつく方が採用を狙いやすくなることも多いです。例えば、前職を退社した理由が職場の人間関係のトラブルだった場合、そのまま真実を書くと悪い印象を与えてしまうことがあります。しかし、自分の理想を求めるためなど、感じの良い嘘を書いておけば悪い印象を与えることもありません。転職は採用されたもん勝ちです。

40代からブラック企業からホワイト企業への転職&びっくりするほどの大出世!

高校卒業後、専門学校に進学。しかし、諸事情により途中で退学しました。その後は、得意だった英語を活かして仕事をしたいという思いからとある会社で塾の講師として働くことを決めました。パンフレットにはすごくいいことが書いてあったのですが、働いてみるとブラック!!!!就業時間も保障されておらずびっくりでした。入社半年くらいが経ち、他の教室に出張してみることを決めました。ある教室に行ったときに、そこの教室の先生は仕事中にアダルトサイトを見て喜んでいるではないですか。。。。まさに職務怠慢ですよ。。しかし彼の教室は生徒数、売り上げが上位にあったため特にお咎めもなく好きなようにやってよかったらしく、衝撃的な事実を知ってしまった気分でした。一年が過ぎ、40代にして他の塾への転職が決まりました。

 

新しい塾では、勤務時間などもしっかりと決まっておりのびのびと勤務しました。3か月が過ぎ、私の勤務態度、授業の評価、保護者の満足度が一番高いという事から英語科の主任に抜擢され出世。自分の能力に自信を持った私は、生徒数が30人の教室を2ヶ月で45人に増やし、売り上げを2倍にまでしました。そうすると半年後には、教室長に出世。その後もどんどん生徒を増やし、保護者や生徒からの満足度も増していき、最終的には3教室をまとめる統括教室長に出世。当時40歳だった私にとっては夢にも思えるような出来事で今でも鮮明に覚えています。あのときに転職したのはいい判断だったと強く確信しています。ちなみに私が英語にかんして保有している資格という資格はなく、TOEICのスコアも気にしてとったことが無いほどなのです・・

転職で採用担当者が気にする職歴の重要性について

転職の書類選考などでは、あなたの履歴書や職務経歴書を採用担当者は見ていきます。そこで、職歴を記載する部分がありますけど、職歴は採用担当者も重要視している1つになってきます。

 

特に、初めに書類選考をして、合格者だけ次の採用試験に進める場合には、より職歴は重要な項目になってきます。資格の項目もあるにはありますが転職では資格の有無よりも職歴が見られます。

 

主に正社員の職歴を見ていきますけど、1つの会社の正社員としての勤務期間が短いですとマイナスになってしまう可能性があります。もちろん、それが1回だけであったり、どうしても退社しなければいけない理由などがあれば、大丈夫ですけど、短い勤務が数回あれば、マイナス評価になってしまいます。

 

正社員として1つの会社での勤務期間が短いという事は、それだけ長続きしないと評価されます。それが複数回あれば、さらにその評価が強くなって結果的に不採用になってしまう可能性が高いです。

 

しかし、1つの会社での正社員としての勤務期間が長ければ、それだけ長続きすると評価され、採用の可能性が上がってきます。

 

また、勤務期間だけでなくて、同業者の経験があれば、経験が豊富というように評価されますので、同業者の経験があるかどうかも転職において大事になってきます。

 

以上のように、職歴というのは、それなりに大きな影響を与えてきますので、きちんと正確に記載するようにします。また、転職を考えているのであれば、なるべく短期間の正社員としての勤務は避ける必要があり、長く勤務する事を心がけます。

ガチで正社員を目指すなら数を打つことが基本!資格?不要!

転職活動で何社において面接を受けるのかは個人差がかなり大きいです。2社や5社と少ない数で簡単に転職先が見つかる方がいれば、100社以上で面接を受ける方もいます。これから真剣に正社員を目指すというなら、基本は数を打つことにあることを覚えておきましょう。簡単に言えば、転職というのは少なからず運の要素があります。自分とマッチする企業を見つけることが転職です。単純に求人情報を見るだけでは採用を狙いやすい応募先はどこなのか見極めることが出来ません。とにかく気になる求人情報を見つけたら積極的に応募して面接へ辿り着くことが大事です。資格を気にされる方がいますがはっきりいって専門職や士業でなければ資格は不要です。たくさんの企業へ応募する場合、最初に転職書類を作成しておきたいところです。履歴書と職務経歴書を1セットで作成しておきましょう。転職書類は使い回しをしないようにしてください。どんな企業にも対応できる転職書類は説得力に欠けます。一つの応募に対して1セットを準備しておくことが大事です。時間がある時にまとめて転職書類を作成するなら、名前など共通する項目だけを書いておきます。後は応募する企業に合わせて志望動機や経歴など、アピールできる内容で転職書類を作成していけば良いです。どんな職業でも求人をたくさん収集するのは比較的簡単です。ハローワークだけでは情報が少ないので、ウェブを利用しておきましょう。多くの求人へ応募するほど、正社員として働ける職場を見つけやすくなるので攻めの姿勢で転職活動をして下さい。