40代転職の書類選考などでは、あなたの履歴書や職務経歴書を採用担当者は見ていきます。そこで、職歴を記載する部分がありますけど、職歴は採用担当者も重要視している1つになってきます。

 

特に、初めに書類選考をして、合格者だけ次の採用試験に進める場合には、より職歴は重要な項目になってきます。資格の項目もあるにはありますが40代転職では資格の有無よりも職歴が見られます。

 

主に正社員の職歴を見ていきますけど、1つの会社の正社員としての勤務期間が短いですとマイナスになってしまう可能性があります。もちろん、それが1回だけであったり、どうしても退社しなければいけない理由などがあれば、大丈夫ですけど、短い勤務が数回あれば、マイナス評価になってしまいます。

 

正社員として1つの会社での勤務期間が短いという事は、それだけ長続きしないと評価されます。それが複数回あれば、さらにその評価が強くなって結果的に不採用になってしまう可能性が高いです。

 

しかし、1つの会社での正社員としての勤務期間が長ければ、それだけ長続きすると評価され、採用の可能性が上がってきます。

 

また、勤務期間だけでなくて、同業者の経験があれば、経験が豊富というように評価されますので、同業者の経験があるかどうかも40代転職において大事になってきます。

 

以上のように、職歴というのは、それなりに大きな影響を与えてきますので、きちんと正確に記載するようにします。また、40代転職を考えているのであれば、なるべく短期間の正社員としての勤務は避ける必要があり、長く勤務する事を心がけます。